読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりの日記~健康オタクが今日もゆく♨

心をほぐし体もほぐし自由に幸せになるための日記です

memento mori ~ はい、終了!の瞬間


f:id:sakikonov:20170123182046j:image

 

メメントモリ

 

って読むのだけど

ラテン語

 

『死を記憶せよ』と訳されることが多いそう

 

『あなた死ぬよー

死にそうにない?でも残念

致死率100%💓これマジ😁絶対』

 

この言葉を『実感』として感じて、いまだにそう思うようになったきっかけは

 

わたしの師匠くんこと長男の

生後1ヶ月での心臓手術

 

産後1ヶ月なんてさ

ぶっちゃけまだ親としての自覚なんてほぼない

保護者欄に自分の名前を書くの超新鮮!

 

ようやく体の痛みからも解放されて、実家から卒業し、これからいよいよ赤ちゃんとのラブラブ生活始まるよっ✨ってとき

 

そこに突然の緊急入院の緊急手術ヾ(゚д゚;)

 

先生から「お母さん、このままじゃダメです。云々カンヌン…」の言葉がつきささる

 

漠然と『このまま?この子しんじゃって?… それってなんなん⁉えっ?どーゆーこと?私はなにをすればいいんだ?』

『お葬式とかするのか。生まれて1ヶ月で?どーしたらいいの』みたいな…

心のなかでも言葉にならない感情や思いがグルグル行ったり来たり

こわかったなぁ

 

ひとつだけクリアになったのは

『このままだと私のオマタから出てきたこの子が死ぬんだ』

ってこと

 (もちろん助かる可能性大だけどこのときばかりはコッチにフォーカスしてました…というか大丈夫かもvsダメかもを行ったり来たり)

 

幸い

師匠は無事に手術室から生還し

今ではかけっこ大好きな3歳ボーイ

 

彼はまだ『生きるよ』っていう切符もってたみたい

『まだパパとママと一緒にいたいです』って言って、神様からの勧誘断ってきたみたい

 

それで、私の『子育て』に対する軸みたいなものができた

 『「育てる」なんつーのはおこがましい

デフォルトの「生まれてきた」そこを守ってやる。てゆーかそれくらいしかできん!…で、できるかな?( ゚ε゚;)』

『この子は神様から預かってる 

我が家には勿体ない

いつまた死の瞬間、「はいTheEnd」になるかなんてわからない…だったら自由に楽しんで味わいつくすのがいいんでないかい?』

 

『楽しい思いするために生まれてきたんだよ~ ありがとう✨』

 

私のパートナーも

お隣の高校生も

道行くメタボのおっさんも

私のママも

私のパパも

自転車でスーパー行くおばちゃまも

今すれ違った車のドライバーも

あなたも

わたしも

 

みーんな『期限つきの切符』もって誰かのオマタから生まれてきた

 

なにしにきたか?

 

楽しいこといーっぱい経験するためっしょ?

 

だから

つらいことあったら

全力で逃げろ💨

 

いいんだよ、逃げて

ママになった私が言うよ、許す!

スタこらさっさだよ

自分 守りな

 

んで

なんかよさげな方向に流れていく

わかんなきゃ

ボーッとしてりゃ、いい

 

そんなんできるわけないじゃん?

世間体とか責任とかあるし、ちゃんとやらなきゃじゃん?

 

メメントモリ

明日かもよ?

 

まあ

ごちゃごちゃ書いたけど

おかげで私は

みんな

大好きってことなんだ

 

生まれてきてくれてありがとう!