読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりの日記~健康オタクが今日もゆく♨

心をほぐし体もほぐし自由に幸せになるための日記です

言われなくてもわかってるし

自分で言ったことにたいして

 

相手から「こーだヨあーだよ。そんなもんやから、大丈夫」って言われて

 

『てかそんなん言われなくてもわかってるし』って心のなかで逆ギレ的な動きがあることが最近気になりだした

 

なんでザワつくかしら?

 

例えば

子どもがみんなで色塗りしてて

 

お友達のひとりはママと一緒に目とか鼻とか描いて、色もパーツごとに別れて塗れてたり、シンボルマークを書き込んだりするわけ

 

かたやうちの師匠(3歳)はマジックの感触が楽しくて支離滅裂なアートができるわけ

 

そこでわたしは

「○○ちゃん上手に一生懸命できたねー!うちはマジックで書くことが目的になってるぅー(㊙でも楽しめたから良かった💓)ぜんぜん人形になってない」

 

ゆっちゃうのよ

 

これ社交辞令っての?

 

心にもない、とまでいかないけど

裏のある言葉をベラベラと(゜ロ゜)

 

 

そーすると○○ちゃんママは

「師匠くんはいーんだよそれで。個性個性!大丈夫だよ。正解なんてないんだから」ってフォローの言葉をくれます

 

それが、さ。

そんなのわかってるし なわけ

 

ほんとは 

わたし

 

師匠さすがです!お一人で黙々と楽しみ方を見つけて取り組める集中力!母は感服いたしました

 

って、いいたかった?

…むしろダークサイド公開するなら

 

○○ちゃんママはなんでも手取り足取りやり過ぎちゃう?それだから○○ちゃん、いつもママの顔色みて「正解」さがししてるんちゃう?

 

って

 

たぶんホントに伝えたかったのはコッチ?

\(^^\)

 

(○○ちゃんママは子どもがいつもママと一緒でないとできない・指示がないと進められない、どうしたものか とおっしゃっていた)

 

(きっと、相手もうちには言いたいことあるやろね もーすこしコントロールしろや的)

 

わたしは 師匠だけみて認めて楽しんで

 

それで、ちゃんちゃんで

いいのに

 

わたし おせっかいだよねー

しかも心のなかでは逆ギレ(*゚∀゚)

 

そこで気づいた

 

○○ちゃんママがいった

 

「師匠くんはいーんだよそれで。個性個性!大丈夫だよ。正解なんてないんだから」

 

ってそっくりそのまま○○ちゃんにいってあげて欲しい

 

うちの師匠じゃなくて

我が子にかけてあげて!その言葉🍀

 

そーゆーことだったみたい

 

わたしの心のザワツキは

 

子どもはみんなギフト

 

みんな天使

 

みんな菩薩さま

 

うちの師匠も

○○ちゃんも

 

彼らの枷になりたくないとおもう

 

でも難しいんよねー

 

だって心配(´Д`)

 

ママだもん

 

 

んー

まーいっか

みんな大好きってことで