読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりの日記~健康オタクが今日もゆく♨

心をほぐし体もほぐし自由に幸せになるための日記です

『えんとつ町のプペル』


f:id:sakikonov:20170120024608j:image
この絵本

 

購入するには2000円だそうですが

 

無料公開なんです

 

http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909?utm_source=spotlight&utm_medium=referral

 

なんで?

 

売上落ちるかもじゃん?

 

キングコング西野さんの

あとがきにこうありました

 

『実は今回、この絵本を最後まで無料で公開したのは、とても勇気がいることでした。僕だけでなく、この作品に携わっているスタッフは、この絵本の売り上げで生活をしているからです。ただ一方で、「2000円の絵本は、子供が、子供の意思で手を出すことができない」という声も耳にしました。

たしかに、2000円は決して安くない値段です。僕は子供に届けたいと思うけれど、「お金」という理由だけで、受け取りたくても受け取れない子がいる事実。

だったらいっそのこと、「お金なんて取っ払ってしまおう」と思いました。『えんとつ町のプペル』を、お金を出して買いたい人は買って、無料で読みたい人は無料で読める絵本にしてしまおう、と。

せっかく生んだ作品も、お客さんの手に届かないと、生まれたことにはなりません。10万部《売れる》ことよりも、1000万人が《知っている》ことの方が、はるかに価値があると僕は考えます。

それに、人間が幸せになる為に作り出した『お金』で、人間に格差ができるのなんて、やっぱり全然面白くない。お小遣いなんて貰えない幼稚園児や小学生が、出費が重なって金欠になった学生や主婦が、何かの事情で本屋さんまで足を運ぶことができなくなってしまった人達が、それでも手に入れられるモノにしたい。

今回の無料公開が、どう転ぶかは分かりません。この絵本の制作には4年半を費やしました。もしかすると、この挑戦により、一冊も売れなくなってしまうかもしれません。しかし、たとえそうなったとしても、たくさんの人が『えんとつ町のプペル』を知ってくれさえすれば、また次の挑戦ができると僕は信じています。』

 

 

心意気に惚れますた💓

多くの方々、子どもたちがプペルと出会えますように

 

そして『真実が存在する』『信じる勇気』というあたりを感じて

 

自分が思ってること、感じてること

 

それそのままで大丈夫やで!

 

ってまずは心に小さな勇気をひとつ灯して

 
f:id:sakikonov:20170120024730j:image

 

http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909?utm_source=spotlight&utm_medium=referral&utm_campaign=top_page_corner